熊本県産業技術センター

トップページ > 以前の情報

平成23年度木材利用技術講習会の開催について(ご案内)

平成24年2月9日
関係各位
                         
熊本県産業技術振興協会
材料・地域資源専門部会長
熊本県木材協会連合会長
                         
平成23年度木材利用技術講習会の開催について(ご案内)

 日ごろより、熊本県産業技術振興協会および熊本県木材協会連合会の運営・活動にご協力いただきまして、誠にありがとうございます。
 従来から、生活空間に素地のまま木材を用いると、住み心地、居心地がよいことは古くから経験的に知られていました。「木質資源の物理的、化学的性質が、人間にどのような作用をもたらすか」、科学的に回答することは、多くの場合困難な場合が多かったといえます。近年、科学的な研究や解明はかなり進んできましたが、一方でこれら科学的に解明された木質素材の特性や良さを、発注者はもとより設計者、施工者側も知る機会が少ないため、木質素材を有効に活用されない場合が多いのが現状です。
 そこで、今回、学校教育や居住空間に及ぼす木質素材の快適環境の紹介および、木質素材の有効活用の啓発を目的として、標記技術講習会を下記のとおり開催いたします。
 皆様方におかれましては、ご多忙中とは存じますが、なにとぞご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。

1 日時   平成24年3月16日(金) 13時20分〜17時00分
2 場所   熊本県産業技術センター 大会議室
      〒862-0901 熊本市東町3-11-38
3 内容
1) 開会挨拶
2) 講演
? 木質環境下の学校施設および学校教育の効果(1時間)
  講師 熊本市教育委員会委員長 大迫靖雄 氏
 大迫氏は過去の調査において、木質材料に対する評価はその特性より、調査対象の教育環境や生活環境などにおける体験と関係すると推定されています。そして木材の特性を理解するためにも、学校教育の中に木材が存在することが必要であるとされています。
? 吸音材を用いた保育空間における快適な音環境(1時間)
  講師 熊本大学大学院自然科学研究科 准教授 川井敬二 氏
 川井氏は音響工学に関する研究を専門に行っておられ、繊維系および木質系吸音材で内装した保育園の、音環境改善による教育効果について実証試験を実施されています。今回は、その成果を中心とした講演を頂きます。

? 環境と人に優しい木材用塗料(45分)
  講師 大谷塗料株式会社 技術部技術第一課長 有川淨次 氏
 有川氏は長年、木材専用の塗料開発を行って来られました。木質素材の有効活用に塗料は不可欠です。今回は、環境と人に優しい木材用塗料について講演頂きます。

?  木製家具デザイン開発支援−
熊本県産木材フロンティア開発事業で実施した木 製家具の開発−(25分)
  講師 熊本県産業技術センター 技術交流企画室(ものづくり室)
     研究員 石橋伸介 氏
 石橋氏は、一昨年、昨年度熊本県の委託事業、県産木材フロンティア開発事業に参加。木製家具のデザイン開発を担当されました。今回は、その開発された木製家具に関するお話をして頂きます。

             Fax E-mailによる申込・問い合わせ先
                 熊本県産業技術センター
                 材料・地域資源室 中村哲男
                    Tel 096-368-2101 Fax 096-369-1938
                    E-mail nakamura@kmt-iri.go.jp

問い合わせ先

電話:096-368-2101(産業技術センター代表)
   096-368-2117(総合相談窓口)
電子メール:www-admin@kumamoto-iri.jp

詳しくは「お問い合わせ」ページをご覧下さい。